• ホーム
  • 二重まぶた
  • 目もとの治療
  • クリニック案内
  • よくある質問
  • 料金のご案内
電話する メール相談 カウンセリング予約

眼瞼下垂

  • よくある質問
  • 特集 まつ毛の育毛 厚生労働省認可のグラッシュビスタで目ヂカラUP!
  • お悩み解消コラム

未成年の方へ

  • メール相談
  • カウンセリング予約
  • 千葉で美容整形 美容外科オフィシャルサイト
  • 千葉でレーザー脱毛クリニック 脱毛サイト
  • 刺青タトゥー消すサイト
  • 傷跡修正
  • 切らないで治すわきが・多汗症治療
  • 「婦人科形成」専門サイト
  • 千葉でひげ脱毛 メンズ脱毛
  • 「薄毛・抜け毛」専門サイト

眼瞼下垂とは?

重たいまぶたを元に戻し目ヂカラアップ。眼瞼下垂とは、 顔を正面に向けた状態で眼を普通に開眼したとき、まぶたが瞳孔(黒目の部分)にかぶさった状態で、しっかりと上まで持ち上げられていない状態を言います。
メイクやアトピーなどでまぶたを擦るくせがある人、コンタクトレンズを長期間装用している人などは、加齢とともに挙筋腱膜と瞼板間が離れてしまうことにより、目を開けようとしても効果的に開瞼できない状態になりやすいのです。これを「腱膜性眼瞼下垂症」と言います。
眼が開きにくいので、無意識のうちに代償作用が働き、視野を確保しようとするために、眼瞼挙筋を過剰に働かせることで補ったり、眉を持ち挙げて眼を開けようとしたりしてしまいます。
こういった作用は日常的に行われてしまうため、額にシワが寄り、頭痛や肩こりの原因となり、なんとなくまぶたが重かったり、気がつけば悪化していたりすることも少なくありません。

眼瞼下垂の度合い

眼瞼下垂の症状が軽度であれば、皮膚を切開することなく、より負担の軽い埋没法で改善することができます。そのため、症状が進んでしまう前に、早めの処置をおすすめしております。 ※眼瞼下垂の症状が進んでしまった場合(中程度〜強度)には、「切開法」がより効果的です。

軽度の下垂上まぶたが瞳孔より上位置にある場合
中程度の下垂上まぶたが瞳孔の中心より上位置にある場合
強度の下垂上まぶたが瞳孔の中心より下位置にある場合

治療法について

千葉中央美容形成クリニックの眼瞼下垂の治療は、切開法で行っています。上まぶたの皮膚を切開し、眼瞼挙筋の表面にある挙筋腱膜を縫い縮めることで下垂すたまぶたを改善します。

アクセス

千葉中央美容形成クリニック〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-2-3
吉田興業第一ビル 7F(大和証券ビル7F)
JR千葉駅東口 徒歩1分
アクセスマップ

  • メール相談
  • カウンセリング予約

PAGETOP